World of Warcraft

World of Warcraftを休止してましたが、復帰する見込みがなくなったので、このゲームについての感想でも・・・・

 Warcfarf2 3と日本語字幕版をやっていて、Warcraftユニバースにドップリ浸かっていた時にちょうどBetaに当選したのがこのゲームを始めるきっかけだった。

Betaをやった感想はとにかく滅茶苦茶面白くて、こんなMMOが出来たのかと思った。

 

製品版になっていけるエリアが増えたときは、2や3に出てきたNPCや地名、クランなどを見て、お話を追っかけてるだけで楽しかった。

Raidも今では考えられないような仕様だったけど、それも当時は苦ではなく楽しかった。(FireResist装備を集めてResistが一定数値超えないとMoltenCoreの参加すらできなかった。)

当時のバニラWoWはRaidヒエラルキーがものすごくて、私が所属していたRaid団体はかなり後発の部類もあって、海外の団体がNaxxとかを攻略しているのが雲の上のようだった。

バニラの時代はBWLを攻略してAQの途中で時間切れになってしまった。自分のプレイでは未知のクエストも多く世界を探索しきる前に次の拡張が来てしまった。(Ashbringerの件はMMOChampで紹介されている記事を見て知った)

 

続く拡張のBurning Crusade(TBC)では3の拡張に出てきたOutlandや2に出てきたNPCが登場し、世界を回るのが一層楽しかった。

TBCのダンジョンはかなり大変で敵の動きを抑えるスペル(CC)をきっちり決めていかないと即Wipeする凶悪な難易度だった。ダンジョンに詰まり時間切れで追い出されることもしばしばあったくらいだ。個人的にCCをきっちり決めて、進めていくのは好みだったが、一般的には不評だったのか次の拡張からはダンジョンの難易度はぐっと引き下げられてしまった。

RaidはBlackTemple攻略途中で時間切れ。Raidの壁はまだかなり高かった。

ただ10人用Raidはメンバーに恵まれていたので、ZA熊もほぼ全員とることが出来たり10人用Raidでの達成感はかなりあったと思う。

あと派閥の評判(Rep)上げが本格的に導入されたのもTBCからバニラもPvPと一部のRaidがらみではあったけど、デイリークエストをこなしてコツコツ上げていくのはたぶんTBCからだと思う。

 

そして個人的に一番素晴らしい拡張だと思っている「Wrath of the Lich King(WotLK)」

トーリーはついにアーサスとの決着がつくという3から続く話の総決算的な内容。

Raid難易度は10人用25人用に分かれたのもあり、一通り10人用ノーマルでクリアできた。HeroicはLichKing以外いけたのかな?記憶がちょっと定かではない。

UldurのYogg-Saronは深夜までがんばってTryしていたが、朝の3時頃に力尽きて他のメンバーに交代してもらい、次の日ログインするとその後すぐに倒したと聞かされ1stKillには立ち会えなかった悲しい思い出がある。

Lich Kingの1stKillの時は何人か動画をみて知っていたのかもしれないけど、私は全く内容を知らなくてあのイベントには感動した。本当に時間切れでWipeしたのかと思った。(VCはしーんとなってたので私だけじゃないと思いたい・・・)

 

次の拡張Cataclysmもかなりモチベーションが下がりつつも、何とか10人用Raidはノーマルで完走。Heroicは一部のボスのみ倒せた気がする。

Rep Rep Repの日々でかなり疲れた。

 

Mists of Pandariaはストーリー的にはそこまで魅力的ではなく、あまり楽しめなかったのとRaidの敵が虫系で気持ち悪かったのでなんとなくもういいかなってなり、FF14のベータが思いのほか面白くて、休止することにした。

FF14がひと段落ついたころにはさらに次の拡張の「Warlords of Draenor」の末期になっていた。復帰したが浦島感がぬぐえず・・・・FF14をやったことでWoWの粗が目につくようになりそこまでのめりこめず。

正直ストーリーは過去の世界だけど別の世界のお話で分かりにくくあまり面白くなかった。

 

そして現在のLegion

トーリーはMists of PandariaでGarroshが過去に飛んで終わり、Warlords of DraenorでGurudanが死なずに現在の世界に戻ってくるというもの。

武器がなくなり固定のアーティファクトという武器を鍛えていくというシステムが入り、強くなりたきゃアーティファクトを鍛えるポイントをダンジョン等にいって集めろっていうシステムで時間をかければかけるほど強化できる仕組み。

最初は頑張ってアーティファクトを強化していたが、ダンジョンのMythic+という仕組みがただ敵が強くなっていくだけというDiablo3のような雑な仕組みだったので萎えてしまい。ダンジョンもあまり行かなくなりプレイ時間が減っていき、プレイ時間が減ると他のゲームをやり始め結局FF14に戻ってしまった。

 

WoWを引退した理由としては

・ストーリーが微妙(拡張のトレイラーみてもテンションあがらん)

・システムが古い

・WarCraft4だして。(パンダ以降の微妙なストーリーをなかったことにして)

・Add-onメンドクサイ

・おじさんなのでひたすらキー連打面倒(FF14のパッド操作は楽でいい)

ということです。