DQ11 ネタバレ感想 その3

サマディー地方~船入手まで。

 

レベルがおそらく適正より高かったのでエリア突入時から敵が逃げていく・・・

サマディー城下町に到着し街を探索、今までの町とはまた雰囲気が違っておりいい景色の場所を探して、スクリーンショットを取る。昼間と夜で人の配置が変わり、セリフが変わる人もいるので昼間と夜で街の住人にひたすら話しかけていたら2時間くらい過ぎていたw

お話を進めて、王子様の頼みを聞くことになる。いいえを選ぶと聞こえなかったフリをするので、次の選択肢ではいいえを選び続けて、5分くらい3連土下座をさせてから依頼を受ける。なんだろうこのダメ王子w

メッキがはがれる前の兵士のセリフとメッキがはがれたあとのセリフと最後にちょっと頑張った後のセリフの変わり具合が面白かった。

細かくセリフが変わっていくので住人に話しかけまくる作業で結構時間がとられる。

シルビアはオカマキャラで最初は何だろうって思ってたら、最後にイケメンぶりを発揮して、印象が良くなった。バイシオンもってるし^^

だがしかし、主人公たちがLv24~25に対しシルビアは加入時はLv16か15で全然弱かったので、装備とスキルが追い付くまでは当分はベンチ入りが確定する。

サマディー城周辺の敵やボスはこちらのレベルが上がりすぎていて、ベロニカですらデスウコーピオンの攻撃が5とかで雑魚すぎた。

結局、虹色の枝は手に入らなかったので、関所を越えてシルビアが持っている船が停泊しているダーハルーネの町へ行くことに。

サマディではのんびりしすぎたので、敵は基本的に無視して(こちらのレベルが高くて襲ってこないともいう)どんどんお話を進めていく。

ダーハルーネの町は、港町+運河みたいな感じ。今のところ全ての街や城で雰囲気がかぶっているところはないのは素晴らしい。

ただこの町はPS4だと重いのか中央付近にカメラを向けると、若干フレームレートが落ちるのでPS4 Proが欲しくなった。

お話を進めている間町の住人に枝を買った商人は船で別の街へ行ったという情報を手に入れるが、特にイベントシーンではそのことに触れられなかった?何か見逃したのかな?

ダーハルーネの街でボス戦(ホメロス将軍)はバイシオンとビックブレード2+3を装備した主人公の渾身切りの前には数ターンしか持たずあっさりと勝利。この時点でバイシオン+ゾーン+渾身切りで200超えはオーバーパワー過ぎたのか。

ボスを軽くひねった後は船で街を去ることに。それにしてもシルビアの船がかなり大きくて豪華、町長が乗ってる船よりもでかいぞw

イベントシーンでホメロス将軍が魔物と話をしているとか、きな臭い話も聞けた。

デルカダールの面子は魔物に操られているか何かしら取引をしてるのかな?

あと「ねこのきぐるみ」はちゃんと1000Gで買いました。

次はカジノがあるらしい街をさがしてカジノぜ装備をアップグレード予定。